【セミナーレポート】2019年卒採用をどう設計するか ーミレニアル世代の採用基準・採用フローの作り方
新卒採用

【セミナーレポート】2019年卒採用をどう設計するか ーミレニアル世代の採用基準・採用フローの作り方

提供:株式会社i-plug

お役立ち

インターンシップ
容量:2.7MB

解決できる課題

ターゲット層の応募者を集めたい

採用戦略を見直したい

インターンシップを強化したい

ー過熱する新卒採用市場の早期化。採用設計に必要なポイントはどこにあるのか?

このセミナーレポートは、2017年7月6日に開催した「どうなる!?2019年卒採用【早期市場編】ーインターンシップ・早期接触の難所の乗り越え方ー」の第2部 パネルディスカッションパートの開催レポートです。

インターンシップの過熱により、さらに拍車がかかる新卒採用の早期化。背景には、2018年卒採用が計画通りに進まなかった企業と、経団連のインターンに関する指針変更による大手企業の参入が考えられます。一方で、サマーインターンから採用までの期間が長期化すればするほど、学生とのリレーション構築の重要度は高まっています。

本セミナーはゲストに人材研究所の曽和利光氏をお迎えし、2018年卒採用を振り返りながら、2019年卒採用の早期市場に必要な戦略を議論しました。

《目次》
◇ ミレニアル世代は何を求めて会社を選ぶのか
◇ 採用ポートフォリオの前に人材ポートフォリオを考える
◇ 面接官と内定者フォロー担当者の選び方
◇ 興味・関心の低い学生を惹きつける方法
◇ 19年卒採用に向けて今日から取り組むべきこと

お役立ち

インターンシップ
容量:2.7MB

株式会社i-plugのその他のダウンロード資料