アルバイト&パート職場コミュニケーション調査2016
派遣・業務請負・バイト

アルバイト&パート職場コミュニケーション調査2016

提供:株式会社ツナグ・ソリューションズ

調査データ

アルバイト採用アウトソーシング
容量:1.9MB

解決できる課題

採用戦略を見直したい

採用経費を削減したい

採用ブランド力を高めたい

「アルバイト&パートの職場におけるコミュニケーションのありかた」に 関する意識調査を実施。『上司・店長からの働きかけに対する「OK」「NG」』としてまとめましたので、抜粋してお知らせいたします。
マクロ的には少子高齢化による労働人口の構造変化、足元では空前の人手不足感、これらの影響を受け、アルバイト・パートの職場はますます「多様な働き手」で構成されるようになってきました。 この多様化によって、例えば子育てママへのケアしかり、バブル・団塊世代といった年上部下への配慮しかり、ゆとり世代へのデリケートな対応しかり、職場マネジメントは高度化を余儀なくされています。 このように職場のカオス化、あるいは職場の劣化が叫ばれるこの時代、職場のコミュニケーションにおいて明暗を分けるOKとNGの境界線を考察しました。 全体的に求められているのは「敬語」での会話。また「趣味の話」や「オヤジギャグ」などのコミュニケーションもOKで、職場が殺伐としないような和みや潤い系の働きかけが、やはり強く求められているようです。 また企業や店舗の理念や業績を共有する「経営との一体感」を醸成するコミュニケーションも想像以上にポジティブなスコア。ただしコアな労働力として期待をかけたりポジションを任せたりという「戦力化」が、 一歩間違えると「ブラック化」と同義となる時代でもあります。そのコミュニケーションの境界線を知ることが、現場をあずかり、マネジメントを行なう上司・店長にとって、身を守るうえで極めて重要になってきました。

調査データ

アルバイト採用アウトソーシング
容量:1.9MB

株式会社ツナグ・ソリューションズのその他のダウンロード資料