予測分析の活用で企業労働力の最適化を推進
グローバル人事全般

予測分析の活用で企業労働力の最適化を推進

提供:コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社

調査データ

その他(グローバル人事全般)
容量:349KB

解決できる課題

グローバル人事制度を導入・見直したい

ビジネス主導で予測した知見により、グローバル規模で、貴社の企業労働力を最適化することが可能です。

グローバル人材を増やしたい

採用プロセスにおいてもグローバル規模で説得力のある推論を活用することが可能になります。

グローバル人材育成を強化したい

企業労働力の収益力を高める主な要因がビッグデータの分析で明らかに

このレポートにあるデータ分析の効用についての主な観点は下記の4つです。
  1. ビジネス主導で予測した知見により企業労働力を最適化する
  2. 決め手はデータの質であり、量ではない
  3. 説得力のある推論が目標への取り組みを加速する
  4. 予測分析により現在の全従業員のパフォーマンスを最適化、処方的分析により将来の利益を実現

企業データの3分の1が人事系データが占めている、と言われております。海外拠点を含む人事系データをどのように活用し、経営上の意思決定に貢献することができるのか、このホワイトペーパーを一読いただければ幸いです。

調査データ

その他(グローバル人事全般)
容量:349KB

コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社のその他のダウンロード資料