一言に『働き方改革』といっても、どこから手を付ければいいものか
人事管理システム

一言に『働き方改革』といっても、どこから手を付ければいいものか

提供:日本オラクル株式会社

サービス資料

その他(人事管理システム)
容量:960KB

解決できる課題

システム・アウトソーシングのコンサルティングを受けたい

人事管理システムを導入・改善したい

自社の人事ビッグデータを解析したい

一言に『働き方改革』といっても、どこから手を付ければいいものか
データをもとに人事の課題を抽出するアセスメントサービスをTIS株式会社が提供開始

昨今、生産年齢人口の減少による労働力の低下や、長時間労働による従業員の心身への影響の問題などから、「働き方改革」への注目が集まっている。「働き方改革」によって、企業は生産性向上を実現し、より短時間かつ最小のリソースで健全に成果を上げることが求められているのだ。

「働き方改革」と聞いて、最初に思いつくのは「労働時間の削減」だろう。とはいえ、労働時間の短縮と企業の成長を両立させることは容易ではない。どのような施策や取り組みを行えばいいのか、多くの企業が悩みを抱えている。日本オラクルでも、在宅勤務制度、管理者の育成、社内の便利ツールの認知度向上や利用促進、などなど様々な「働き方改革」の取り組みを推進しており、有効手段は「長時間労働の是正だけではない」と主張している。(参考:日本オラクル特集記事 「働き方改革」は長時間労働の是正だけにあらず。日本オラクルのMission 85の挑戦)

サービス資料

その他(人事管理システム)
容量:960KB

日本オラクル株式会社のその他のダウンロード資料