人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

長時間労働をさけて残業知らずの働き方を実現する17のヒント【前編】

0

2016年11月09日

prolonged_work01eyeCatch

「過酷な長時間労働を防ぐ!」をテーマに、不必要な残業を撃退するヒントになる記事をピックアップしました。皆さんのより良い働き方の一助になれば幸いです。

スケジュール管理やビジネス書レビューなどすぐに活用できる仕事術から、自分の身を守るために知っておきたい法制度、さらには未来のビジネスシーン全体の大きな変革をナビゲートするものまで、無駄な残業をなくす17のヒントを紹介します。

もしも仕事で行き詰まったり、悩みが解決できず、未来が不安になってしまったら、ぜひ参考にしてください。

【仕事術】知らない時点で損をしている!大量の仕事を効率よくこなす厳選4手法

shutterstock_36647503
日々の業務に忙殺される中で、効率よくスピードと質を上げていくための仕事術をまとめてみました。小手先の時短テクニックではなく(もちろんそれらも作業効率化には重要ですが)、働き方に対する意識改革ができるようなものもピックアップしています。どれも信頼できるビジネスパーソンが実践するメソッドだけに、効果もお墨つきです!

 

1.会社員ときどき漫画家。妻子持ちサラリーマンが仕事&プライベートをまるごと楽しむ方法

会社員と漫画家という二足のわらじを履きこなし、パラレルキャリアを颯爽と実現させている岡野純さんから学ぶのは「タスク管理」

ご本人が活用されている『TaskChute2』や、『たすくま』といったToDoリストツールを使用した具体的なスケジュール管理方法は、作業効率化のお手本となるもの。タスクが重なっていっぱいいっぱいな時でもしっかりと残業が減らせるヒントが隠されています。それらをうまく活用し、習慣化できるようになれば、また違った働き方が見つけられるはずです。

>詳しくはこちらをクリック

 

2.自分のための時間を毎日1時間作り出す。経営コンサルタントに訊く、質とスピードの両方を押し上げる仕事術

経営コンサルタントの小笠原隆夫さんに、「なぜ仕事が終わらないのか」から「質を高めて、定時に完了できる仕事術」までを徹底インタビュー。

間違ったタスク管理や、無駄を省いた「優先順位」、誰でもすぐ試せる事務作業の効率化といった、具体的なテクニックから考え方を取り入れることで、業務の質の向上とスピードアップを目指します。今日から実践できて、すぐに長時間労働を減らせる情報が満載です。

>詳しくはこちらをクリック

 

3.がむしゃら労働からの抜け出し方。今日から始める「働き方革命」

保育関連のNPOフローレンス代表・駒崎弘樹さんの著書『働き方革命—あなたが今日から日本を変える方法』を読み解きながら、すぐに役立つ5つの仕事効率術がまとめられています。

「タスクの所要時間を計測」「あらかじめ退社時間を設定して仕事をこなす」「社内会議を無駄に長引かせないルール制定」「メールの処理方法の明示と共有化」「パソコンの辞書機能をフル活用」など、会社の組織全体ですぐに活用するのは難しくても、まずは部署単位、チーム単位から実践するのも残業対策に効果的です。

>詳しくはこちらをクリック

 

4.残業はもうやめよう!定時に帰れる仕事効率化に役立つ10冊

読後すぐに実践可能なビジネスハック集から、大組織を変革させる経営哲学まで、「無駄な残業を回避して快適なワークスタイルを築く」ことを重視してピックアップした厳選10冊のブックレビュー。

話題の経営者や科学者の仕事術・勉強術などの著作や、海外の世界的企業が実践してきた旧態依然にとらわれないワークスタイルなど、ジャンルや形態もバラエティに富んでいます。まずはゆっくり読書の時間から作りましょう!

 >詳しくはこちらをクリック

 

【就活・転職】入るなキケン!ブラック企業を避ける「目利き力」を身に付ける2つのヒント

どんなに自分の意識を改革し、情報収集したところで、ブラック企業に入ってしまっては元も子もありません。転職や就活の際に「ここは働きやすい環境なのか?」を気にしない人はいないでしょう。企業情報や求人情報にならぶ美辞麗句に流されることなく、ブラック企業に陥ることのないよう、ここでは企業体質の見極めに参考となる記事をお伝えしていきます。

続きはこちらをクリック

 

・長時間労働をさけて残業知らずの働き方を実現する17のヒント【後編】はこちら

新しいはたらき方の他の記事はこちら

運営会社インテリジェンス ビジネスソリューションズはこちら

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

1人の方が「この記事が参考になった」と評価しています。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら